厄介なむくみ・・・

小さいころから顔がよくむくんでいた。
顔が大きくなるので、肥満体だと思われたこともある。
身長と体重から計算してみれば、実際のところはヤセ型だ。
自分の勝手な思い込みで、自分は腎臓が悪いと思っていた。
その思い込みの根拠は、兄が生まれつき腎臓が弱くてついには透析を受けるまでになったからだ。
兄が透析を受けるようになったことで、不安になって、病院に行ったが、診察の結果は、何も病気ではないとのことだった。
「なぜ顔がむくむのだろう?」その問いに今でも答えは出ない。
自分は、下痢を起こしやすい体質で、ストレスなどでもすぐに下痢を起こす。
ストレスだけでなく、食べ物にも弱い。
胃腸科を受信して大腸内視鏡の検査をしたが、これも異常はなかった。
ストレス性の過敏性腸将軍だとの診断で終わった。
胃腸科の医者の説明で気になったことは、腸が水分を吸収しないと下痢が起こるということだ。
あと、思いつく体調悪化原因は、寝る前に水を飲むと朝起きたのでたときに気分が悪くなり顔がむくむ。
自分で考えたのは、ストレス以外に原因があり、どうも自分は水分の代謝が悪いということだ。
西洋医学の薬で水分調整の薬もあるようなのだが、気になる漢方薬があったので試すことにした。
その漢方薬の名前は「五苓散」である。

「全身の水分を調整し、足りないところには補い、足りている所からは排出する」という、
効能書きだけを見れば夢のような薬だ。
脱水しやすい人にもむくみやすい人にも効果があり、健全な中間体状態に戻すということだろう。
飲み始めは下痢をした、足りすぎている所から排出が始まったのだとプラス思考をし、飲み続けた。
突発性の下痢は数日で収まり、完治には至らないがむくみも慢性下痢も納得できる状態まで改善した。
自分に効果があった数少ない薬だ。

続きを読む≫ 2016/01/25 16:42:25

最近、足のむくみに悩ませれています。
初めての出産以降、年齢を重ねるにつれてむくみがひどくなってきています。
現在30代半ばなのですが、30歳前まではむくみがあるのは大体夏に限ってのことでした。
それは、暑くて水分(主にアルコール分)を取りすぎたり、クーラーに当たりすぎて血流が悪くなっているのかなと考えていました。
冬になれば、寒がりな私はレギンスの重ねばきやレッグウォーマーなどで対策して足を温めるようにしていたので、さほどむくみを感じるという事態はありませんでした。
けれど、ここ数年冬でも足がむくんで靴下の跡がなかなか消えない状態です。
締め付けのきつい靴下は、血が止まってしまいそうで怖くて履けません。
お風呂に入ってマッサージをしたり、足に枕を敷いて寝ています。
朝になるとむくみは引いていますが、ここ数日は何となく足がだるい状態です。
これは、歳のせい?と思ったりするのですが、本当にそれだけなのか少し不安です。
実は、数ヶ月前に子供と一緒に溶血連鎖球菌にかかりました。
喉に住み着き、ひどい熱が出る病気です。
この菌は、きちんと殺さないと腎臓に後後害が出るとのことです。
子供は、私より数日後に熱が出て直ぐにこの病気と判明しお薬をもらって対処しました。
数日前に罹った私は、内科でただの風邪との判断で菌を殺す薬は処方されてなかったです。
娘の診断後に直ぐに私もお薬をもらいに行って対処しましたが、腎臓へは何もなかったのか心配です。

腎臓の機能が衰えるとむくみが起こるとも効くので、ちょっと気になっています。
また祖母が以前から、腎臓を悪くしているので遺伝も考えられて不安もあります。
このままむくみと痛みが続くようならば、病院にかかってみるのも必要だなぁと思っています。

続きを読む≫ 2016/01/05 19:21:05

女性にとって、むくみとはとても恥ずかしいことでもありますが、効果的な予防策としてあるのがマッサージではないでしょうか。
ツボを刺激することにより多少は改善されますが、そもそも何故そんなことになるのか?例えば立ち仕事の多い方なら血行不良による原因、デスクワークも同じことが言えますが、あまり姿勢を変えないようなことを続けていては、やはりむくみに繋がってしまいます。
また運動、睡眠、冷房、ストレスといったことからも考えられるむくみですが、脚を締め付けるような物、ヒールなども無理な姿勢にさせているので、それがむくみにもなっている可能性は高いです。
実はこのむくみ、腰痛などにも関係しているとも言われていますが、むくみを放置していると腎臓にも影響を与えてしまうようです。ちなみに、指で少し押してから離して経込んだままだと身体がむくんでいることが分かります。
また夕方になると靴がキツイ、脚がだるくなったり重くなったり、朝むくんだまま、汗をかかない、肩こり、お風呂はシャワーだけ、辛い味付けが多い、お酒、水分不足、野菜が少ないなどが原因で、むくみになる可能性が高まります。
静脈やリンパに老廃物が管から漏れ、そして細胞の隙間に留まってしまうことが挙げられますが、筋肉を使うことで、これらを動かし老廃物が溜まらないようになっています。つまり適度な運動が、むくみ解消になるので爪先からの運動や、ジョギングといった方法は効果的でもあります。

続きを読む≫ 2015/12/20 17:42:20

脚がむくむという場合、たいていの人は夕方にふくらはぎがパンパンになったり、立ち仕事による疲労のためにむくむものです。
が、私のむくみはひどい時は寝起きからすでに始まっていて、脚全体がだるく苦しいせいで目覚めたりします。
足裏まで厚ぼったくなるので、そんな日は歩くのさえも苦痛です。

 

長年そんな状態なので、もちろん対策はしているんです。
入浴時は湯船に浸かり、足先から太腿まで自分でマッサージをしています。
お風呂上りにはストレッチをして体をほぐし、血行促進に努めています。
また運動不足は良くないと聞きましたが、私はずっと日本舞踊をしているので、かなり脚の筋肉はついているのです。

 

それでも短期的にしか効果を感じられず、根本的な改善には至らないので困りものです。
しかし、最近一筋の光が射したような気がしました。
それは酸素カプセルを体験した時のことです。
きっかけは怪我で医師に勧められたことなのですが、酸素カプセルを出た後は必ず全身がポカポカしてきて、汗もかきやすく、確実に代謝が上がっているのです。
むくみと新陳代謝というのは切り離せない関係にあり、やはり代謝が活発になると脚がいつもよりほっそりします。
特に3回ほど体験して身体が慣れてからは、一層効果を感じやすくなりました。
むくまないと脚がこんなに軽いのか!と感動すら覚えました。
カプセルの中では寝ているか本を読んでいるかなので、運動が苦手な方にも向くのではないでしょうか。
我が家に一台欲しいくらいです。

続きを読む≫ 2015/12/11 15:34:11

事務の仕事をしており、ずっと同じ姿勢でいるせいだと思うのですが、夕方になるとふくらはぎ部分がパンパンになってしまい、すごく痛いです。今まであまりむくみに悩んだことがないので、こんなにむくみが辛いとは知りませんでした。同じように事務仕事をしている人は数人いますが、むくみに悩んでいる人、まったく悩んでいない人、それぞれです。だから体質的なことも関係があるのかなと思います。

 

友人からホットヨガをすることでむくみが解消されると聞き、週に一度ですがホットヨガ教室に通っています。そろそろ二ヶ月ぐらい経ちますが、少しだけむくみが良くなったような気がしますし、ふくらはぎが楽になりました。夕方になると誰にも脚を見られたくありません。家に帰ると、夫から脚がすごいことになっているねと言われて本当に嫌です・・・。

 

事務仕事は気に入っていますし、むくみのために転職を考えられなかったので、ホットヨガのおかげで少しホっとしました。このままホットヨガ教室に通えばむくみがもっと良くなるんじゃないかなと考えています。むくみに効果のあるサプリメントを飲むことを考えていますが、今はホットヨガだけに頼ってみるつもりです。顔のむくみはないので、完全に仕事のせいだと思うんですよね。休憩時間に立って歩いたり、軽いストレッチなどをして、むくみがひどくならないように努力をしています。むくみが解消したらすごく気持ちがスッキリするだろうなぁと思います。

続きを読む≫ 2015/12/08 19:13:08

塩分や水分の摂り過ぎがむくみの原因となることは有名ですよね。
でも、実は塩分や水分を控え過ぎても、むくみの原因になってしまうんですよ。

 

水分は体温調整をするための汗の原料でもありますよね。
極端に水分の摂取量が少ないと、汗を作るための水分を確保しようとして、尿の量を減らして体に水分を蓄えようとしてしまいます。

 

そして塩分の摂取量が少なすぎると、浸透圧の関係からむくみが出やすくなります。
むくみが気になるからと言って、水分や塩分を極端に抑えてしまうと逆効果になってしまうんですね。

 

特にダイエット中の方や菜食主義者の方は、野菜に含まれるカリウムの作用により、塩分不足によるむくみが出やすくなってしまいます。

 

また、野菜ばかりを食べていて、タンパク質の摂取量が少なすぎても、むくみの原因となります。

 

血液中のタンパク質を総称でアルブミンと呼びますが、アルブミンには体を動かす為のエネルギー源という役割の他に、血液の水分量を整えるという役割も持っています。

 

肝機能の弱っている方、高齢者、タンパク質の摂取量の不足気味な方は、そのアルブミンの濃度が下がってしまい、血液の水分調節が上手く行えずに、むくみが出てしまう事があります。

 

タンパク質は体の熱源にもなります。
体が冷えているとそれもまたむくみの原因となりますので、肉と魚を均等に摂取するように心がけ、アルブミンが不足してしまうのを防ぎましょう。

 

足がむくみやすい方は、ふくらはぎの筋肉を積極的に動かすようにすると良いですね。
ふくらはぎの筋肉は、下半身から心臓へ血液を送り返したり、リンパを循環させる働きを持っています。
長時間同じ姿勢を取っていると、ふくらはぎの筋肉が動かない為、足がむくみやすくなってしまいます。
長時間の立ち仕事やデスクワークを行う際には、足踏みやスクワットを行い、ふくらはぎの筋肉を動かすようにしましょう。

続きを読む≫ 2015/12/07 17:03:07